リーダーとしてチームを率いて成果を出すためには、
まずは多様な価値観、行動スタイルを持つメンバーとの信頼関係の構築が必要です。

しかし、この信頼関係の構築に苦労するチームリーダーも多いことと思います。
実際に、以下のようなお悩みをよくお聞きします。

・自分と似た行動スタイルのメンバーとはコミュニケーションがしやすいが、
違うスタイルのメンバーとのコミュニケーションが難しい。
・なぜあのメンバーは、あのような発言、行動を繰り返すのか……。
自分の「当たり前」の感覚からは理解しにくい場面がある。

このようなチームビルディングにおける課題を解決するヒントが、行動スタイル分析による自己理解・他者理解です。
今回のセミナーでは、DiSC理論を背景とした行動スタイル分析をご紹介し、
職場における行動スタイルの基本的なパターンや、ご自身の行動スタイルについての理解を深めていただきます。

・職場のコミュニケーションを改善したい。
・これまでどうしても理解できなかった人を理解する助けが欲しい
・コンフリクト(対立)を減らし、お互いの誤解を防止したい。
・部下をより効果的に育成する手がかりが欲しい。

上記のようなニーズをお持ちの方は、
ご自身やメンバーの行動スタイルを理解するきっかけとして、是非ご参加ください。

※当セミナーは「聴くだけ」ではなく「参加型」のセミナーです。途中でグループでの対話を行います。
 ご参加者さま同士で会話をしていただくことで、課題の共有ができ、新たな気づきも得られることと思います。 
 難しい内容のものではございませんので、ぜひお気軽にご参加ください。

日時 2021年5月31日(月)13:30~14:30  
ワンポイント

◆関連コース

【PDU対象】DiSC (行動スタイル分析)ベーシック編
~自己理解・他社理解・他者適応、自分の行動スタイルを知り関係構築に活かす~


【PDU対象】プロジェクト・マネジャーの基本行動 ベーシック編 アセスメント無し
~プロジェクト・マネジャーに求められる状況に応じたリーダーシップを学ぶ~

 

◆講師紹介

トレノケート株式会社

講師 飯嶋 秀行(いいじま ひでゆき)

資格・認定
PHP認定ビジネスコーチ上級
中小企業診断士
PMI®認定PMP® (Project Management Professional)
プロフィール
事業部内の情報システム部門の責任者を経て、PHP認定ビジネスコーチの資格の取得をきっかけに研修講師の仕事を開始。
システムの企画・開発・運用経験と、多くの技術職の方に職場で実践できるビジネス・コーチングのスキルを伝えてきた経験を活かし、マネジメント系コース(ITコンサルタントやPMの育成)、ヒューマン系コース(ビジネスコーチング、チームビルディングなど)、実践ワークショップ型のコースを担当している。
「技術職の提案力を高めたい」というお客様からのご要望から開発したコース「要求引き出しスキル実践ワークショップ」は、複数の職場で導入、活用されている。著書に、『コーチングがやさしく身につく物語』(日本実業出版)、共著書に『企業情報システム構築の実際』(同友館)がある。 

 

会場
受付完了後ご案内します。
参加費 無料
定員 40名残席わずか
対象 ・チームビルディングに課題を抱えている方
 - メンバーへの指示出しが上手くいかない方(指示を出しても動いてもらえないなど)
 - メンバー間の対立に頭を悩ませている方
 - PMやリーダーになったばかりで、チームのマネジメントに不安がある方
・部下のリーダーシップ力を伸ばしたい方
主催 トレノケート株式会社
共催
協賛
内容 アジェンダ(予定)

1 行動スタイル分析とは

2 職場の課題解決に行動スタイルを活かす

3 ミニワーク:自分の行動スタイルの理解を深める

4 行動スタイルアセスメント結果の事例紹介

5 行動スタイルを意識した効果的なスキルアップ

※当セミナーは「聴くだけ」ではなく「参加型」のセミナーです。途中でグループでの対話を行います。
 ご参加者さま同士で会話をしていただくことで、課題の共有ができ、新たな気づきも得られることと思います。 
 難しい内容のものではございませんので、ぜひお気軽にご参加ください。
注意事項 ・お申し込みの際は必ずご所属のご法人名とご所属の法人メールアドレスでお申込みください。
 個人・フリーランスの方のお申し込みはお断りしております。
 個人のアカウント(gmail,yahoo,iCloudなどのフリーアドレス、プロバイダドメインなど)での
 お申し込みは無効とさせていただきます。
・同業の方のお申し込みはお断りしております。
・内容は変更の可能性がございます。

お問合わせ

トレノケート セミナー事務局
PR@trainocate.co.jp
お問い合わせの際は、セミナー名と日時をお知らせください。