本イベントでは、AIを実際のビジネスに活用するための課題や事例、AI人材の育成方法についてお伝えします。

今日、AI(人工知能)を利活用してビジネスの変革に取り組んでいる企業が増えてきました。
富士キメラ総研の調査結果によるとAIビジネスの国内市場は、2030年度に2兆円規模になり、2015年度の14倍になると言われています。

AIは、日本国内における労働力不足の解消の救世主として、また、ビッグデータを用いた新たなビジネスの創出の支援としても期待されています。しかし、実際にAIを使いこなすには、AIでできること、できないことを理解し、人間が使いこなす必要があります。

現場でAI活用の基礎となる知識として、本イベントでは、AIの技術動向やビジネス活用の現状と課題について業界の有識者である日本マイクロソフト株式会社 廣野様と株式会社キカガク 吉﨑様よりお話ししていただきます。また、AIを使いこなすためのスキルについて弊社より紹介します。

日時 2018年8月6日(月) 14:30~17:00  
ワンポイント

本イベントは、同日、同時間で、新宿会場でも開催しています。
お申し込みはこちら

会場
ご参加方法は、受付完了後メールにてご連絡します。
参加費 無料
定員 申込受付中
対象 ・ビジネスにおいてAIの活用を検討されている方
・AIを活用できる人材育成を検討されている方
主催 トレノケート株式会社
共催 ・日本マイクロソフト株式会社
・株式会社キカガク
協賛
内容 14:30~14:35
開演の挨拶

14:35~15:20
1. マイクロソフトが考えるAI活用のロードマップ
日本マイクロソフト株式会社 廣野 淳平 氏


AI活用は早くも研究中心のフェーズから本格的なビジネス活用のフェーズに移行してきています。
マイクロソフトはこれまでAI研究に多大な投資を行ってきました。また、今後もAI研究への投資を継続すると同時に、ビジネスの中でAIを活用する為の研究開発投資を積極的に行っています。本セッションでは、マイクロソフトが考えるAIの今後と本格的なビジネスシーンでの活用を視野に入れた製品、サービス、そしてテクノロジーとその取り組みを実例を交えて紹介します。


15:20~15:35 休憩

15:35~16:20
2. AI案件のよくある落とし穴と人材育成
株式会社キカガク 吉﨑 亮介 氏


AI人材不足が叫ばれる中、「とりあえずAI」と盲目的に始めて失敗するケース、人材がうまく育たないといった失敗事例が見受けられました。創業から1年で3,000名以上指導したAI人材育成を行うキカガク代表が、ビジネスフローも視野に入れた改善策をお話します。


16:20~16:40
3. AIの学び方・使い方
トレノケート株式会社 山本 晃


AIは映画やアニメーションの創造物ではなく、現実的にビジネスに適用させることができるテクノロジーです。とはいうものの、AIを始めるには様々なキーワードを理解しておく必要があります。本セッションでは、これからAIと向き合うエンジニアやビジネス企画に携わる方々が、どのようにAIを始めるのかについてご紹介します。


16:40~17:00
質疑応答

*上記時間はおおよその時間です。多少前後する点はご了承ください。
注意事項 ・お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。抽選結果は、セミナー開催1週間前にメールにてお知らせいたします。
・本セミナーのお申込受付が完了したお客様の個人情報は、共催企業である日本マイクロソフト株式会社および、株式会社キカガクに提供させていただきます。個人情報は共催企業の個人情報取扱規則が適用されるものとします。
・同業の方のお申し込みはお断りしております。

お問合わせ

トレノケート セミナー事務局
0120-009686
PR@trainocate.co.jp
お問い合わせの際は、セミナー名と日時をお知らせください。