ささいなミスから起こるウイルス感染や情報流出など、セキュリティにまつわる事故やニュースが近年特に大きく取り上げられるようになってきました。

私たちのビジネスは常にこのような危険と隣合わせであり、セキュリティ対策やリテラシーの習得は、今や一部の専門人材だけではなく、すべてのビジネスパーソンに求められる必須のスキルといえます。

しかし、セキュリティ対策といっても何から始めたらいいのか?自身や自社に何ができるのか?
お困りの方も多いのではないでしょうか。

今回のセミナーでは、事件・事故の事例などにもとづき、すべての従業員がセキュリティリテラシーを身につける必要性や、自身や自社を守るためにできることをわかりやすく解説します。

<このような方におすすめ>
・セキュリティ対策といっても、何から手をつけたらよいかわからず悩んでいるマネージャ、リーダーの方
・自社のセキュリティリテラシーを向上させたい人材育成担当者の方
・情報流出やサイバー攻撃に対してできる対策を学びたい方

いまこそ、担当業務にプラスしてセキュリティリテラシーを備えた人材「プラス・セキュリティ人材」の育成に取り組みましょう!
その第一歩として、ぜひ今回のセミナーにご参加ください。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2022年9月7日(水) 13:30~15:00  
ワンポイント

◆開催情報について

セミナーに関する内容については、ぜひこちらもご覧ください。

https://blog.trainocate.co.jp/blog/securityliteracy-20220907

 

◆講師紹介

村田 亮治 |Ryoji MURATA

 

トレノケート株式会社
ラーニングサービス本部 テクニカルトレーニング部
テクニカルトレーニング第3チーム 講師

プロフィール

SIerでインフラエンジニアに従事した後、2005年の個人情報保護法の施行によって、日本においてセキュリティの重要性が増すと確信し、セキュリティ製品のプリセールスエンジニアに転職。また、提案活動に従事するかたわら、技術研修やセミナーの講師として登壇し、セキュリティの啓発活動を行う。2016年からは、セキュリティコンサルタントとして顧客のセキュリティ体制構築やポリシー策定などを支援してきた。
2019年より現職。講師としてセキュリティ関連トレーニングを担当する他、研修企画、設計・開発など、幅広く活動。講義にあたっては、長年つちかった現場経験などを交えながら、セキュリティを自分ごととして腹落ちしていただけるよう心がけている。

資格・認定

情報処理安全確保支援士、Certified Network Defender (CND)、Trend Micro Certified Trainer、
ITストラテジスト、システム監査技術者、プロジェクトマネージャ など

会場
受付完了後ご案内します。
参加費 無料
定員 50名
対象 ・セキュリティ対策といっても、何から手をつけたらよいかわからず悩んでいるマネージャ、リーダーの方
・自社のセキュリティリテラシーを向上させたい人材育成担当者の方
・情報流出やサイバー攻撃に対してできる対策を学びたい方
主催 トレノケート株式会社
共催
協賛
内容 ・セキュリティ専門人材の獲得・育成だけでは足りない

・業務知識のプラスアルファとしてすべての従業員に求められるセキュリティ

・事例から学ぶ「プラス・セキュリティ人材」の必要性

・「プラス・セキュリティ人材」育成を支援する弊社サービスのご紹介

・質疑応答

※セミナーの内容は予告なく変更になる場合があります。
注意事項 ・個人の方、同業の方のお申し込みはお断りしております。
・お申し込みの際は必ず所属企業のご法人名と所属企業のメールアドレスでお申し込みください。
 フリーランスおよび個人のお申し込みはお断りしております。
 所属企業以外のドメイン(Gmail、Yahoo!、iCloud、プロバイダドメインなど個人アドレス)のメールアドレスのお申し込みは、法人としての確認が取れないため「個人」とみなし、無効とします。
・本セミナーは録画および録画のご提供は致しません。当日ご受講ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

トレノケート セミナー事務局
PR@trainocate.co.jp
お問い合わせの際は、セミナー名と日時をお知らせください。