サイバー攻撃の大規模化、高度化に伴い、多層的な防御とそのための高度なスキルが求められる昨今、効率的かつ効果的なセキュリティ人材の育成が課題となっています。

しかし、セキュリティ人材育成研修は現在、一つの分野や製品に特化し知識を教え込むスタイルが主流です。その研修を受けた後、100%の自信をもって日々のセキュリティ業務を担えますか?

本セミナーでハンズオン体験ができる国際資格・EC-Council CND(ネットワークディフェンダー)養成講座は、「防御」「検出」「対応」能力習得のために網羅的かつ体系的にプログラムされた今までにない座学+実践のBoot Camp型コースです。

時間がない、何から手を付けたらいいのか悩んでいる、実践力のある人材が育たない等、皆様が抱えるセキュリティ人材育成の課題解決の一助となるCNDコースの優れたコンテンツを、是非ご体感ください。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2019年5月30日(木)15:00~17:00  
ワンポイント
会場
〒530-0005 大阪府 大阪市北区中之島3-2-18
住友中之島ビル11F
0120-009686
■地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」7番出口より徒歩8分
■地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」4番出口より徒歩2分
■JR東海道本線・大阪環状線「大阪駅」桜橋口出口より徒歩15分
■JR東西線「北新地駅」西改札口より徒歩10分
■京阪中之島線「渡辺橋駅」4番出口より徒歩1分
参加費 無料
定員 20名
対象 ・情報システムや基盤部門のエンジニア
・セキュリティエンジニアの育成を担当されている方
主催 トレノケート株式会社
共催 グローバルセキュリティエキスパート株式会社
協賛
内容 1.なぜ今、セキュリティ人材の育成が叫ばれているのか

グローバルセキュリティエキスパート株式会社 
教育事業部 副事業部長 大鐘 博子

サイバーセキュリティ教育カンパニーの視点から、なぜ今、セキュリティ人材の育成が叫ばれているのか?を中心に、人材不足を解決するためにCND(認定ネットワークディフェンダー)が極めて有効である理由や資格を保持することでビジネス側面での有用性などをご紹介します。


2.CND(認定ネットワークディフェンダー)公式トレーニング紹介

グローバルセキュリティエキスパート株式会社 
教育事業部 飯野 道代

EC-Council公式トレーニングの全体像からCNDのコンセプトをはじめ、どのようなコースウェア内容なのか?なぜいまCNDが選ばれているのか?肝である「実戦トレーニング」「防御/検出/対応」プロセスがなぜ必要とされるのか?他の同様の資格との違いは?など、実際の日本語教材をご覧頂きながら、CNDのトレーニング内容を詳細にご紹介します。


3.実際にハンズオンでインシデントリスクを体感してみよう!

トレノケート株式会社
ラーニングサービス本部 井田 潤

CNDコースで講師を務める井田が、実際にコース内で利用する実践トレーニングラボ環境「iLabs」を利用して、日々の運用におけるリアルタイム検知のためのモニタリングや脆弱性管理などのモジュールについてハンズオン形式で実施します。各種OSツールを用いた内容となりますので、実際のトレーニング講座内容が具体的にイメージできるハンズオン形式のセッションとなります。
注意事項 ・ハンズオンで使用するPCは会場で準備します。
・お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。抽選結果は、セミナー開催1週間前までにメールにてお知らせいたします。
・お申し込みの際は、法人名を明記してください。個人でのお申し込みはご遠慮願います。
・同業の方のお申し込みはご遠慮願います。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

トレノケート セミナー事務局
0120-009686
PR@trainocate.co.jp
お問い合わせの際は、セミナー名と日時をお知らせください。