「部下のモチベーションを高めたいが、どうもうまくいかない。」
「チーム内でたびたび意見の食い違いがおこり、調整に時間がかかる。」

リーダーやマネジャーとしてチームを率いて成果を出すには、
多様な価値観や行動スタイルを持つメンバーとの協働が必要です。
しかし、分かってはいるけれど、やはり人間同士。
時には上記のように、コミュニケーションや信頼関係の構築に苦労するという方も多いことと思います。

このような課題を解決するヒントが、行動スタイル分析による自己理解・他者理解です。

今回のセミナーでは、人の行動スタイルを4つのタイプに分類する
「DiSC(R)(ディスク)行動スタイル分析」をご紹介します。
その上で、それぞれのタイプのマネジメントスタイルの強みと課題や、
各タイプの上司や部下と働くうえで気をつけたいポイントをお話します。

ぜひ、ご自身やチームメンバーがどのタイプなのか想像しながらご参加いただき、
今後の働きかけ方の参考にしていただければと思います。

※当セミナーは「聴くだけ」ではなく「参加型」のセミナーです。
途中でグループでの対話を行います。
ご参加者さま同士で会話をしていただくことで、課題の共有ができ、
新たな気づきも得られることと思います。
難しい内容のものではございませんので、ぜひお気軽にご参加ください。

※お申し込みの際は、必ずご所属のご法人名とご所属の法人メールアドレスでお申し込みください。

日時 2022年10月11 日(火) 13時30分~15時00分  
ワンポイント

◆関連コース

【PDU対象】DiSC (行動スタイル分析)ベーシック編
~自己理解・他社理解・他者適応、自分の行動スタイルを知り関係構築に活かす~
 

【PDU対象】DiSC (行動スタイル分析)マネジメント編
~自分のマネジメントスタイルの強みと課題を知り、部下のニーズに合わせた効果的な適応方法を学ぶ~


【PDU対象】プロジェクト・マネジャーの基本行動 ベーシック編 アセスメント無し
~プロジェクト・マネジャーに求められる状況に応じたリーダーシップを学ぶ~

 

◆講師紹介

トレノケート株式会社

講師 飯嶋 秀行(いいじま ひでゆき)

資格・認定
PHP認定ビジネスコーチ上級
中小企業診断士
PMI®認定PMP® (Project Management Professional)
プロフィール
事業部内の情報システム部門の責任者を経て、PHP認定ビジネスコーチの資格の取得をきっかけに研修講師の仕事を開始。
システムの企画・開発・運用経験と、多くの技術職の方に職場で実践できるビジネス・コーチングのスキルを伝えてきた経験を活かし、マネジメント系コース(ITコンサルタントやPMの育成)、ヒューマン系コース(ビジネスコーチング、チームビルディングなど)、実践ワークショップ型のコースを担当している。
「技術職の提案力を高めたい」というお客様からのご要望から開発したコース「要求引き出しスキル実践ワークショップ」は、複数の職場で導入、活用されている。著書に、『コーチングがやさしく身につく物語』(日本実業出版)、共著書に『企業情報システム構築の実際』(同友館)がある。 

 

会場
受付完了後ご案内します。
参加費 無料
定員 40名申込受付中
対象 ・下記のお悩みやご要望をお持ちのリーダー、マネジャーの方
 - 部下のマネジメントに悩んでいる
 - チームが上手くいっていないと感じているが、どうすればよいか分からない
 - 自分のマネジメントスタイルの強みと弱みを把握したい
主催 トレノケート株式会社
共催
協賛
内容 アジェンダ(予定)

1. 行動スタイル分析とは
2. 職場の課題解決に行動スタイルを活かす
3. DiSC(R)マネジメントスタイルとは
4. DiSC(R)マネジメントスタイル、アセスメント結果の事例紹介
5. ミニワーク:自分の行動スタイルの理解を深める
6. 質疑応答
注意事項 ・本セミナーは録画し公開する可能性があります。お申し込みいただいた時点で録画に同意されたとみなしますのでご了承のほどお願いいたします。

・お申し込みの際は必ずご所属のご法人名とご所属の法人メールアドレスでお申し込みください。
 個人・フリーランスの方のお申し込みはお断りしております。
 個人のアカウント(Gmail、Yahoo!、iCloudなどのフリーアドレス、プロバイダドメインなど)でのお申し込みは無効とさせていただきます。
・同業の方のお申し込みはお断りしております。
・内容は変更の可能性がございます。

お問合わせ

トレノケート セミナー事務局
PR@trainocate.co.jp
お問い合わせの際は、セミナー名と日時をお知らせください。