企業の情報システムは大規模化・複雑化が進み、運用における作業ミスや工数の削減が課題となっています。
そのため、ITインフラの構築・運用をコード化し、オペレーションを自動化する「Infrastructure as Code(IaC)」という手法が注目されています。

本セミナーは、IaCを実現する構成管理ツールAnsibleを例に、デモを交えて運用自動化のポイントをご紹介します。
ITインフラエンジニアの方や、運用業務の自動化を検討されている方におすすめのセミナーです。

日時 2020年8月6日(木) 10:00~11:00  
ワンポイント

オンライン研修を気軽に体験できる2週間
オンライン・デイズ

◆講師紹介

神田 直也

資格・認定
Cisco認定インストラクタ
CCNP Routing & Switching
情報処理安全確保支援士

プロフィール
金融系SIerでネットワークを中心に設計・構築を担当。
実務経験を活かし、現在はネットワークやITインフラの設計、構築、運用管理に必要な幅広い技術のトレーニングを担当。「システム全体を俯瞰できるエンジニア」の育成に注力している。

会場
受付完了後ご案内します。
参加費 無料
定員 50名申込受付中
対象 ・システム運用のご担当の方
・IT部門の人材育成ご担当の方
主催 トレノケート株式会社
共催
協賛
内容 1. システム運用管理の概要
2. 運用業務の自動化
3. 構成管理ツールの活用
注意事項 ・お申し込みの際は法人名を明記してください。個人でのお申し込みはお断りしております。
・同業の方のお申し込みはお断りしております。

お問合わせ

トレノケート セミナー事務局
PR@trainocate.co.jp
お問い合わせの際は、セミナー名と日時をお知らせください。