D-3 2014年10月10日(金)
14:30~15:30
Red Hatの描くクラウドとLinuxの今後 ~10年効くインフラエンジニアのスキル~

概要

OpenStackに代表されるクラウドインフラは、サーバー、ストレージ、ネットワークなどの基盤技術の集大成であり、従来型の分業による設計・構築・運用では対応が困難とも言われます。インフラエンジニアには、これまで以上に「広く・深い」スキルが要求されるようになりました。クラウドがもたらすインフラ技術の変革、そして、クラウドに関わるエンジニアとして、今後10年を生き抜くヒントを考えます。

対象者

Linuxを中心とするインフラ技術に関わるエンジニア

講演者情報

中井 悦司 (なかい えつじ) 氏
レッドハット株式会社
シニアソリューションアーキテクト
&クラウドエバンジェリスト

予備校講師から転身、外資系ベンダーでLinux/OSSを中心とするプロジェクト、および、問題解決をリードする傍ら、多数のテクニカルガイド、雑誌記事などを執筆。その後、レッドハットに移籍し、エバンジェリストとして企業システムにおけるLinux/OSS活用の促進に注力。

×閉じる